フランス人と国際交流や友達を作る情報更新中!

フランス人と国際交流して友達を作りたい人20代から40代の人のために情報を随時公開しています。フランス人と東京で出会いを待っていてもチャンスは僅かです。パーティーやイベントに積極的に参加してまずは友達から始めましょう!

フランス人のコミュイティで友達を作るときのフランス人の見分け方②

以前に非英語圏の外国人と日本人がネットの出会いを介して友達になることを目的としたサイトに投稿されている実際のメッセージを例にとって、フランス人の書くメッセージが何を実際に目的にしているのか?を伝える第2弾です。

 

本当に日本人と友達になりたいだけなのか?

 

それとも直接的には書かれいませんが、フランス人がこう書くと恋愛目的を意味しているのか?など、ちょっとフランス語を知っているだけでは実際にフランス人が意図していることはわかりづらいので。

 

今回は次の例。

 

f:id:francerenai:20180518153728p:plain

 

このジョヴァンニという人は注意したほうがいフランス人の男性ですね。

国籍はフランス人で、オリジナルはイタリア人だと言ってます。

 

まずおかしい点。英語、日本語、フランス語で同じことを言っているつもり?なのでしょうが、まったく違う目的を言っているのがまず怪しい。

 

こういう人ほど、セックスを含み遊べるカジュアルな男女関係を望んでいる人と予想がつく。

 

まず最初の英語のメッセージでは、日本で数か月真面目に日本語を学び始めることを計画しているのと同時に「I hope beautiful meeting here..」と書いてあります。

 

つまり女性との出会いを求めているんだよね。

 

次にローマ字で書かれた日本語のメッセージ。

変な日本語でのた挨拶文。文化交流しましょうといたいらしい(笑)。

 

最後にフランス語のメッセージ。

 

フランス人のコミュニティにもいいやつばかりではない!

 

f:id:francerenai:20180518163009p:plain

 

最初に「Je suis ici pour partage de la culture et apprendre le japonais.」と書いてあります。彼の目的はお互いの文化交流のためと日本語を学ぶためと言ってます。

 

① 生粋のフランス人はこのようなフランス語の文章は書かないけどね・・・。これが本当にオリジナルがイタリア人だからどうなのか? なんとなく国籍で臭う・・。本当にフランス人なのだろうか?オリジナルがイタリア人なのだろうか?

 

② 次に誤字あり。partage じゃやなくここでは動詞の原形を使うべき[partager]が正しい。

 

しっかりと教育を受けたフランス人なら、誤字脱字に対してかなり慎重に気を配ります。高等教育を受け、社会的にもホワイトカラーのフランス人になるほど誤字脱字は恥ずべきものと感じるのがフランス人たちの一般論。

 

だからこんなかんたんなメッセージでも誤字をするということは=それほど教養のないフランス人男性だと推測しますね。=社会的にも大した仕事をしていフランス人ってこと。

 

こういうフランス人と万が一同棲や結婚すると、超貧乏な生活がフランスではまってますよ。超貧乏な生活をするためにフランス人と結婚するのはお断り。

 

f:id:francerenai:20180518163316g:plain

 

③ メッセージの初めに文化交流と日本語を学ぶ目的でメッセージを出したといっているにも関わらず、中盤で「Je cerche une relation a long terme.」と最初の目的とは180度違う恋愛目的をはっきり書いています。

 

要するに、こいつは「長く付き合える日本人女性のパートナーを探している」という意味。

 

この長く付き合えるというのがどのくらいの期間なのかはわかりません。

 

もし出会ってフィーリングが合わなけれ当然そこでおわりでしょうね。1年以上仲が続いたとしても結婚するほどではない、と思えばそれまでだし。

 

出会ってみなければその先のことは分からいというのは理解できるし、同意もできますが、彼のメッセージの書き方がいろいろ①~③でひっかかります。

 

純粋に結婚を将来的に視野にいれて真面目に長く付き合えるパートナーを探しているフランス人なら、その目的だけをメッセージに書きます。それほど恋愛に純粋なフランス人ですから^^。

 

だからこのジョバンニさんという人は、個人的な見解ですが①~③の理由で、遊び目的の軽い付き合いの日本人女性を探している可能性が十分あると感じますね。

 

遊びたいのならいいけど、そうでなければコンタクトをとるほど無駄なことはない。