フランス人と国際交流や友達を作る情報更新中!

フランス人と国際交流して友達を作りたい人20代から40代の人のために情報を随時公開しています。フランス人と東京で出会いを待っていてもチャンスは僅かです。パーティーやイベントに積極的に参加してまずは友達から始めましょう!

香り効果で国際交流できるフランスのホームパーティに参加してみよう!

f:id:francerenai:20170112134514p:plain

 

職業柄、仕事中に香水の香りをプンプンさせながらいると、特に肌が触れ合うことが多い仕事なので、香りが嫌いな人にとっては香水をつけている人のことを避けてしまいます。

 

だから普段は香水をつけるのは休みの日や自宅でリラックスしているときと決めていたのですが。

 

そういうことも忘れて、乾燥がひどい季節になるとハンドクリームやボディークリームを塗って肌内部に浸透させないとすぐにカサカサで白い粉をふいてしまう肌質なので、休日はもちろん、仕事に行く前や仕事中もハンドクリームはかかせません。

 

そういう自分の肌質のあり、職業柄もあり、シアーバターが多く含まれていて、カカオも配合されていて「おいしいチョコ」の香りがするクリームを塗って仕事ををしてました。(仕事といっても肌が密接することが多いダンス関係です)

 

仕事中に「~さんていい香りがする~」って男性からいわれ近づいてきました。

 

イケメンだったこともあり少々ドキドキしてしまった記憶が残ってます。香りはそれほど持続性がないハンドクリームだったのでよかったのですが・・

 

後から考えると、どうりでいつもよりその男性が近くによってくるな~、いつもは肌が触れないのに触れたな~ということが分かりました。

 

f:id:francerenai:20170112135021p:plain

 

上記のことからも分かるように、友達の間柄でも気になる男性の「好きな香りやおいしい味を連想させる香り」は、ぐっと距離を近づける効果があることを体験しました。

 

この効果を気になるフランス人の男性や国際交流できるフランス人のホームパーティーやイベントに参加した時に、男性側から自然に近づいてきて弾んだ会話ができるように「おいしい香り」のクリームをチョイスして、イベント直前や最中に手や腕全体、首筋に塗ってみると効果大です。

 

ちなみに個人的には、手・腕・首筋の裏、足先~くるぶしまでカカオのおいしい香りのするハンドクリームを塗ってました。

 

ハンドクリーム自体はフランスで買ってきたもので、「Yves Rocher」のクリスマス特別バージョンです。

 

気になるフランス人には好む「香り」と人間の記憶の関係を利用しよう!

f:id:francerenai:20170112135235p:plain

 

 

単なる知人やフランス語の学校の先生でも、職業を語る前に「男」です。

 

理性を失うほどの良い香りがする女性が目の前を通り過ぎたらどうでしょう? 立ち止まって振り返り、その香りがする女性を観察します。

 

一瞬のできごとですが、そういった「ハッとする香りがする女性」が男性の記憶に良い女性のイメージとして残ります。

 

それが通りすがりの女性でなく、知り合いや自分の生徒、友達の友達ということであれば、今の距離がある関係を縮めてこようとする心理学的行動が証明されています。

 

その良い香り、男性の好む香り=特定の女性のイメージとして男性の頭の中に印象付けられるので、同じ香りをかぐことによって男性はその女性のイメージを思い浮かべることになります。

 

個人的に自分の場合はそれが今回の「カカオ=チョコ」の香りだったわけです。

 

f:id:francerenai:20170112135316p:plain

 

いくつか自分が良い香りと思うものをチョイスして、気になるフランス人の前やパーティー等のイベント参加時に、香りを変えて参加して男性ウケする香りを確かめてみるといいです。

 

次回の国際交流できるフランス人や外国人との新年会イベントパーティーはコチラ